• タイマーA6 システム手帳/タイマー A6 レザー 閉
  • タイマーA6 システム手帳/タイマー A6 レザー 閉 offen
  • タイマーA6 システム手帳/タイマー A6 レザー 閉 Seitenansicht
  • タイマーA6 システム手帳/タイマー A6 レザー 閉 Kalendarium
  • タイマーA6 システム手帳/タイマー A6 レザー 閉 rot
  • タイマーA6 システム手帳/タイマー A6 レザー 閉 blau
  • タイマーA6 システム手帳/タイマー A6 レザー 閉 gruen
  • タイマーA6 システム手帳/タイマー A6 レザー 閉 beige
timer-a6

タイマーA6 - 本物志向のオーガナイザー - 上質のレザーがあなたを次のステージへと誘います[続きはこちら…]

A6タイマー ~X47売れ筋No.1!!~

手帳はA6サイズ(バイブルサイズとほぼ同じ大きさ)が持ち運びやすく、使いやすいサイズだとお考えの方は多いです。 なぜなら、大半のジャケット(上着)のポケットがこの大きさで作られているからなのです。 X47は独自の技術~スプリングバーバインディングシステム~によって従来のリング式手帳よりも書き込みスペースが広くなっています。 それによりA6サイズ手帳ユーザー、つまりは大半の手帳ユーザーのニーズにお答えしたいと考えています。

A6タイマー(手帳)はX47製品の中でも傑作品のひとつです。

バイブルサイズのタイマーはもともと男性のユーザーを考慮して構想を練ったものですが、もちろん女性のユーザーからも絶賛の声をいただいております。 なぜなら、従来のリング式のバイブルサイズシステム手帳に比べ、親戚とも呼べるA6タイマーはとても薄く、できているからです。 もしこのA6タイマーのシステムとバイブルサイズのリング式手帳の中でも一番小さなリングがついているものとを比べたら、きっとタイマーの薄さに驚かれることでしょう。

それでもまだこのタイマーの薄さに納得がいかない!と思われたら、姉妹品のX47『スリムライン』はいかがでしょうか? スリムラインはタイマーよりもさらに薄さを追求したシリーズです。

手帳の見本としての『長財布サイズ』

世界中のすべての既製服製造業者がジャケット用のポケットの大きさにDIN(ドイツ工業規格)A6サイズを使用していました。このサイズはなんと、伝統的なドイツの長財布の大きさが元になっているのです。 A6タイマーはバイブルサイズのような、同じような大きさのシステム手帳と比べ、①紙面上で使用できる最大の書き込みスペースをユーザーに提供すること、②快適に書き込むことができること、そして③常に上着ポケットに収まる大きさであること、の3点を特に重視しています。 そして、この3点はX47のスプリングバーシステムとレザーの特殊カッティングによって可能になります。

Film der 8 Vorteile des X47-Timers

http://www.youtube.com/watch?v=64EBVBL1sXQ

手帳では一体いくつのスプリングバーがあれば最適だろうか?

何本のスプリングバーが必要でしょうか?3~4本?きっとあなたの用途に応じて必要本数(=ノート型リフィルの数)はかわってくると思います。 もし3本のスプリングバーで間に合わせても、あなたのタイマーは薄いものであることに変わりありません。そして、一般的に一番使いやすい、最適な手帳になるでしょう。 どちらにせよ、このタイマーにはカレンダー、メモ帳、アドレス帳またはデータレジスター多用途に使用できるデータレジスター、という必要なものすべてが含まれています。

一年間の予定を常に把握していなくてはならないか、それとも近い未来の予定、つまり半年ずつに注目していればよいのか、この2つは手帳リフィルを選ぶときに、とても重要な課題です。 年間の手帳を使いたいという場合、それだけで2つのスプリングバーが必要になります。なぜなら、カレンダーが半期ごとにわかれているからです。 半年分のダイアリーを使いたいという場合、使わない半年分のノートははずしていればよいので、その分スプリングバーをほかのリフィルのために使用できます。時期がきたらダイアリーを次の半年のものに入れ替えればよいのです。

「これではそれぞれ半期の切り替わり前後の予定がわからなくなってしまうのではないのか?」という疑問をお持ちでしたら、心配ありません。 なぜなら、半年ダイアリーの切り替わり前後2~4週間を重複してそれぞれのリフィルノートが使えるようになっているからです。 ほとんどの場合、この重複期間で十分に次の半期に切り替えて使用することができると思います。使わない分のノートははずしてしまえばさらに薄く使用することができます。

デイリータイプダイアリーのユーザーにはこういった問題は必要ないでしょう。 なぜなら、常に少なくとも2冊のノートが必要となるからです。 デイリータイプはリフィル1冊あたり2ヶ月分収容されています。

疑問点はお尋ねください。(水/木、ドイツ時間9:00-17:00は日本語対応可。): +49(0)681-96724-43

きっとあなたの用途に応じたX47システム手帳をおすすめできることでしょう。

A6サイズ(バイブルサイズ)手帳のために豊富な種類のレザーカバーをご用意しております。

私たちのベストセラーシリーズ、A6タイマーのために、通常の高級レザーのカバーバリエーションに加え、特別仕様の豪華バージョンのカバーもご用意しています。 私たちはこの豪華バージョンを『リミテッドエディション』と呼んでいます。 私たちのショップにてリミテッドエディションの全種類をご覧になることができます。 しかし、ご注意ください! リミテッドエディションはその名の通り希少価値が高いものですので、いつも「少しだけ」ご用意しております。

手帳の中のカードホルダー機能

従来のリング式手帳やタイマーとは対照的に、X47タイマーはクレジットカードなどのためのカードホルダーの長さが均一ではなく、対ごとに重なり合って配置されています。 それによって、タイマーが型崩れすることはありません。 タイマーの中左サイドには4つのカードホルダー(2対)、中右サイドには2つの少し大きめな仕切りポケットがあり、計6つのカードホルダーは自由にお使いいただけます。 使用例として、6枚のクレジットカードなどのカード類または名刺を収納したり、さらに二重に差し込んで12枚のカード類を収納することも可能です。

手帳の中の大きな差込ポケットとは?

このタイマーはカバー内側にカードホルダーの下に重なるようにさらに左右ひとつずつ、二つの大きな差込ポケットがついています。 ここには、お札やパスポート、写真やメモ用紙などのカードホルダーには入りきらない大きさのものを入れてはいかがでしょうか? 右側の差込ポケットにはちょうどX47の折りたたみ式イヤープランナーを入れることができます。 折りたたみ式カレンダーがこの差込ポケットに入れておけば、使いやすさはもちろんのこと、カレンダーそのものがカバーで保護されているのでホルダーに入っているカード類も外から守られます。 ですので、手帳にカード類をしまうことに抵抗がある方にもご安心してお使いいただけるでしょう。

ジャケット(上着)ポケットのためのシステム手帳

A6タイマーはジャケットのポケットに簡単に出し入れできるように、さらに工夫がなされています。 それはペンホルダーの位置です。 通常の手帳ですと、右ページの端に縦方向にペンが入るようにホルダー部分がついていますが、X47のタイマーは右ページの上部に横方向にペンホルダーがついています。 横方向にペンホルダーがついていることによって、従来のバイブルサイズ手帳に比べ、厚さは約2cm薄くなり、書き込み可能スペースを約20%増やすことに成功しました。 私たちの手帳に対する哲学の骨頂ともいえるでしょう。

Terminplaner Leder A6 in Sakkotasche

もっと薄く…

もし、このタイマーのカッティングでも大きすぎる・厚すぎると感じ、カード類の収納ポケットやペンホルダーが不要であるとお考えになるならば、もっと薄さにこだわるならば…。 もちろん、そういったニーズにもX47はお答えします! そう、 『スリムラインシリーズ』です。 サイズによって異なりますが、1~3本のスプリングバーがついていて、リフィルを取り替えることができる、世界最薄のタイマー(システム手帳)が『スリムライン』なのです。 薄く加工されたレザーのカバーには薄さを追求したためにカードホルダー等はついていませんが、左右それぞれの再度についている差込ポケットがついており、それによってリフィルは外部から守られます。

X47製品は-Made in Germany-ドイツ製です。

この-Made in Germany-ドイツ製という理念は、「X47に使用しているレザーはドイツで生産されている」ということに由来しています。 リフィルのための紙も-Made in Germany-ドイツ製であり、スプリングバー(留め金部分)もまたドイツで組み立てられたものであるので、やはり-Made in Germany-ドイツ製なのです。 この製品デザインはX47オリジナルのものなので、-Made in Germany-ドイツ製といえます。 X47に使用されているレザーはほとんどがドイツ産ですが、たまにイタリア産のものもあります。 加えて、X47社はドイツ国内に本店があるので、X47は-Made in Germany-ドイツ製といえます。 X47はハイクオリティのレザーであることを重視しています。 私たちはドイツ産のレザーを主に(優先的に)使用しています。 例を挙げると、「カリプソ」レザーはドイツ産牛の革をドイツの製革所でなめされ、その後ドイツの皮革メーカーによってX47のためだけに作られたものです。 しかしながら私たちは「高品質」と評判の高いイタリア産のレザーも好んで買い付けています。 私たちは世界の価値あるレザーを取り扱っています。 ちなみに私たちの「ガウチョ」レザーはイタリア・フィレンツェ近郊で作られています。