• ビジネス手帳、レザー、革、システム手帳、スケジュール帳、スケジュール手帳、A7、A6、A5: アイディア
  • ビジネス手帳、レザー、革、システム手帳、スケジュール帳、スケジュール手帳、A7、A6、A5: 今日
  • ビジネス手帳、レザー、革、システム手帳、スケジュール帳、スケジュール手帳、A7、A6、A5: 発明

アイディアから製品へ

あるひとつのアイディアを世界的ブランド製品につなげるということは並大抵のことではありません。 特に、大企業や老舗ではないというハンデは思いのほか大きいものです。~すべては世界最高峰のシステム手帳を世界中のみなさまに提供するために。 X47はこのような理念を抱くある一人の男のアイディアからはじまったのです。 ぜひ、X47開発ヒストリーをご覧ください。

1987年~現在

1989年

当時経済学専攻の学生であったマティアス・ビュットナーは後にX47シリーズ「A5タイマー」となるプロトタイプ(第一世代)を開発する。当時はまだカバーとリフィルをピンで留めただけの簡単なものであった。

1990年

A5サイズで、のちに採用する「スプリングバーシステム」を搭載した第二世代を開発する。

1992年

現在のX47Mabook・A6サイズの原型となる第三世代を開発する。

[

1993年

マティアス・ビュットナーが大学を卒業し、経営コンサルタントとして職業人生を歩み始めたことによって手帳開発は一旦凍結する。

2000年

システム手帳開発をあきらめきれなかったビュットナーはビジネスパートナーを探し始める。

2001年

5月15日、ミュンヘンの特許管理局で特許ナンバー1283783「リフィルシステム」を提出する。

2002年

3月: X47 GmbH(以下X47社)をドイツ、ザールブリュッケンにて設立する。
5月: スプリングバーが初めて納品される。
9月13日: 最初のシリーズであるMabookの発売開始
9月22日: X47タイマーが初めて顧客の手に渡る。(ちなみにあるオーストリア人がインターネットを通じて購入。)
ドイツ国内にある実店舗でX47の発売が開始される。:3店舗からのスタートでした。

2003年

1月: ペーパーワールド2003という大規模な展示会に初参加を果たす。ドイツ国内。スイス、そしてイタリアにおける販売店と契約。
10月: X47史上における暗黒デー。スプリングバーとリフィルの接合に原因不明で不都合が生じる。それにより、1万冊のリフィルを回収。
同月: スプリングバーとリフィルの不都合の原因解明。それにより操業再開する。
11月: (1歳の娘のために「眠れない夜」が続いたおかげで、)金属バーを紙に固定するという新しいアイディアを思いつく。すぐに新バージョンの開発を開始した。
12月: 一週間のバルセロナ休暇旅行中にシステム手帳と財布の融合製品である「DUO4」の構想が生まれる。

2004年

1月: ザールラント州のグッドデザインアワード2003とiFデザインアワード2004で賞を受賞し、X47シリーズは世界大会のドイツ連邦共和国代表候補にノミネートされる。

2005年

X47、オランダ市場に進出する。
デイリータイプ、マンスリータイプのリフィル、そして多種多彩なカバーを次々と開発し同時に販売を開始する。
4月: フランクフルターアルゲマイン新聞の日曜版でハンス=ハインリッヒ・バルデイによるX47の特集記事が掲載されたことにより、X47は大ヒットし、相次いで売り切れ状態となる。
デザイナーであるティナ・ジーグはエレガントなレディスバッグや手帳と財布が融合した実用的でシックなハンディサイズの「Trioシリーズ」を発表。

2006年

X47、フランスとベルギーの市場に進出。
X47ダイアリーのコンセプトのひとつである「リミテッドエディション」はその名のとおり、豊富なレザーの中から選りすぐりのレザーを使用した限定バージョンのシリーズです。
X47は豊富なレザー種類をつかった製品をご用意しています。その数はなんと100種類以上にものぼります。
さらにこの年、横罫ノートリフィルとバースデープランナー(年間予定表)を新たに開発。

2007年

X47、中国市場に進出。
データレジスターリフィルを開発。
X47は世界中の市場に向けて、製品展開を進めています。
秋:X47のガイドブック(ドイツ語)を出版しました。

X47について
どのようにしてこのレザー製の手帳は作られているか?

2005年に地元ザールラントのテレビ局(ARD系列)から、X47の製造などについて取材を受けました。 このVTRではスプリングバーが製造されているところや、レザー工房でX47用の手帳カバーが職人によって作られている映像をご覧になれます。(ドイツ語) X47を知っていただくために最適な仕上がりとなっています。 当時はまだ会社も今よりももっと小さく、なんとX47設立者ビュットナーの自宅が会社でした。

もしこのVTRが小さくて見づらい場合はこちらのYoutube上にアップされている同じ動画VTRをご覧ください。

考案に至るプロセス

マティアス・ビュットナーはすでに学生時代から「システム手帳」の構想をまとめていました。 そのシステム手帳の構想とは、「綴じ手帳の長所とリング式システム手帳の長所を併せ持った、まったく新しい形のシステム手帳を作る」ということです。 まず第一の試みとして、綴じ手帳のカレンダーを何冊かのブロックに分け、それらを取り扱いやすく、かつ意味を持った順番に並べ替えてレザーの手帳カバーに差し込むというシステムを作ることでした。

最終的には金属棒を手帳の背表紙部分に取り付け、個々のリフィルノートの中心部分にそれを取り付けるための金属部品をつける、というシステムを採用することにしました。 そして、そのシステムを確かなものにするための試行錯誤が始まったのです。 試行錯誤の末、腕時計の留め金の理論を応用し、手帳本体にリフィルを挟み込むために「スプリングバー(伸縮可能な金属棒)システム」を開発しました。 簡単にプロトタイプを作ってみると、すぐにその実用性の高さを証明することとなりました。

ビュットナーは本格的なシステム手帳開発をする前に経営コンサルタントとして働いていました。 コンサルティング会社であるIDSシェアーAGに学生時代から働き始めたビュットナーは学業の傍らビジネススキルを磨き、後に独立し、自身のコンサルティング会社を設立しました。

9年間にわたって経営コンサルタントとして働き、その後「危険な賭け」となるかもしれないが「ビュットナーのシステム手帳」を世に広めたいという一心で、手帳メーカーを立ち上げることにしました。

学生の賛同者を中心とした小さな若いチームと一緒にビュットナーは周囲の反対を押し切ってベンチャー企業としてX47社を設立したのです。 革新的技術を持った手帳を開発し、それをすでに供給過剰状態の手帳市場へと参入するということ。 これがいかに難しいことかは周知の通りです。 今日まで持続的に発展し続けるには、さまざまな技術問題の解決、そして能率的な企業コンセプトの設定…このようにしていくつもの課題を乗り越えてX47は進化し続けているのです。

今日では12種類のX47シリーズ、異なる25種類のレザータイプを通常製品として発売し、すでに7以上の国・地域で成果を収めています。

2004年には年間で約35万ユーロを売り上げ、また今後更なる世界的な企業ネットワーク構想を推進しています。

DUOシリーズの開発

あなたはペンをいつも携帯していますか? “何か”を書きとめるため、ペンはいつでも必需品ではないでしょうか。その“何か”は電話番号であるかもしれないし、出張の予定やぱっと頭に浮かんだ思いつきかもしれません。 外出先でそんな場面に出くわしたとき、どうしますか?周りの人に借りたペンでなんとかするのでしょうか。 ちょっとしたメモをするための紙も財布の中を見ればきっとレシートをみつけて事足りるかもしれない。

V多くの人は「あれ、ペンを持ってなかったかな?」と思ってペンが“入っていないであろう”財布の中を探したりします。

Duo4はX47シリーズの中でも二番目に考案された製品です。 この製品アイディアは2003年12月、バルセロナへ向かう道中で思いついたものです。 マティアス・ビュットナーの妻であるティナ・ジーグはバルセロナへの休暇旅行中、こんなことを口にしました。 「ねえ、あなたのスプリングバーシステムを使って小さなメモ帳を財布の中に入れることはできないかしら?」 そう、この発言が新しい製品を作るきっかけとなったのです。 「レシート」を探す必要がなくなりました。なぜなら、財布の中にメモ帳が収納されているのだから。 -「手帳」と「財布」の融合。Duoシリーズはこのようにして生まれました。

-「手帳」と「財布」の融合。Duoシリーズはこのようにして生まれました。

さっそく4種類のモデルを開発することになります。 Duo1は小銭入れやジャバラ式のカバーがなく、代わりにクレジットカード用の4ポケットと2列の札入れがあり、そして2本(ないしは3本)のスプリングバーにより2冊(ないしは3冊)のノート型リフィルが収納可能です。

Duo4はジャバラ式カバーシステムを採用し、それにより6つのクレジットカードポケットと2列の札入れ、またDuo3に小銭入れがないのに対し、小銭入れをつけました。 Duo3はイタリアのみでの販売となります。なぜなら一般的にイタリア人男性は小銭を財布の中ではなく、そのままポケットにいれておくのが好きだからです…。

しかし、幾度にわたる製品開発会議の結果、現在は4種類あったDuoシリーズは2種類になりました。 Duo2とDuo3は製造数も少なく、現在絶版となっています。もしかしたら後々プレミアアイテムになる日がやってくるかもしれません!?

Trioシリーズの開発

私はX47タイマーシリーズとDuoシリーズが完成したことでとても満足していました。Duo4には小銭入れと札入れ、そして多くのクレジットカードホルダーを、その美しく洗練されたスマートなボディに収めており、さらに手帳機能までついているのです。 もちろんその仕上がりには自信をもっています。

買い物リストも「財布の中に」書くことができ、リストをなくしてしまうことはないので、店内で慌てる必要ありあません。 買い物のあとにどこに行かなければならなかったか、たとえば「薬局に行かなければいけない」といった情報も書いておけば忘れません。 私が買い物に出かけるときは、財布にいつも「大切な」情報を詰めて出かけます。 とても簡単なことで、何より画期的なことなのですぐに使い慣れていただけると思います。 小さなことですが、あるとないとでは大きな違いがあります。

また、カレンダーも収納できます。 これで、私の今までの整理されていなかった問題も一気に解決できました。 いまや私はカレンダーを手帳を持たずして持ち歩いています。そして常にすべての予定が手元にあるので、個人的なことですが、妻とのデートも忘れることもなくなりました。 (おかげで「小さな」言い争いも激減しました。)

しかし、時として仇となることがあります。 ある時私は食堂でぱっととある重要なことを思いつきました。 ちょうど自分のトレーを返すときに、私は自分の「全財産」をトレーの上に置き忘れてしまいましたが、高速で動くトレー返却口(ベルトコンベアーを想像してください。)の前にもかかわらず、その「全財産」を見事に取り戻せたのです。 当時、私は携帯電話を財布と一緒にしていて、車の鍵は携帯電話と財布の間にぶら下げていました。 まさしく携帯電話・財布・車の鍵は食事に行った私の「全財産」でした。

そこで、私はまたあるアイディアを思いつきました。

「スマートに「全財産」をひとつにまとめて持ち歩く方法」、そうTrioシリーズはここから生まれました。

早速プロトタイプの作成に取り掛かることにしました。

Trioは1.実用性と2.美しさがその大きなコンセプトです。 多くのクレジットカードを収納することができ、さらに会計のときすぐに、そして安全に開くことができる。 かつ、3つすべての機能(財布、システム手帳、携帯電話ホルダー)を余分なスペースを使わずに併せ持っていなければなりません。

多くの試行錯誤の結果、Trioシリーズは完成しました。

Trioグランデ。私は立場上、多くの予定や課題を常に抱えています。 もし大切な予定を忘れてしまったら、つかみかけた大きなチャンスはすぐに目の前からなくなってしまいます。

Trioシリーズデザイナー、ティナ・ジーグより。

Trioシリーズは女性向けに開発しました。もちろん男性にもお使いいただけるようなデザインです。 これは、私にとっての使いやすさを追求しました。きっとみなさまにも気に入っていただける仕上がりだと自負しております。

ティナ・ジーグ